top of page
  • ETSUKO

第2章 皇大神社

2021年9月9日 この日の天氣予報は雨。

神社に向かってホテルを出発した時は、小雨が降っていました。

神社に近づくと、周りの山々の山肌から立ち上ってゆく霧が幻想的で神々しい。


神社に着いた時もまだ小雨だったのですが、本殿にお詣りするシーンの撮影が始まると

スポットライトのように陽が差し、私たちを迎えてくれました。

その時の感動は今も鮮明です。

実際、ECHO(森羅万象の振動を響きとして受け取り、音と言葉で表現すること)すると「よう来た!」と神様から言って頂きました。


神社と光
皇大神社

皇大神社は京都府福知山市にあり、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ‥あまてらすおおみかみの別名です)をお祀りする元伊勢の1つです。

 

元伊勢とは・・伊勢神宮に天照皇大神が鎮まるまで、一時的にお祀りされた神社のこと。

 

もともと皇居内にお祀りされていた天照皇大神を、第10代崇神天皇の時代(紀元前59年)に宮中からお出しになり、永遠にお祀りする聖地を求めて各地を転々と巡りました。


その頃の皇居は奈良県にありました。

まずは倭笠縫邑(かさぬいむら)へ。現在の奈良県桜井市に当たります。

そこから丹波の地にお遷りなったのが、皇大神社です。

ここで4年過ごされたと言われています。

 

皇大神社の説明
皇大神社

鳥居は、苔むした皮つきの杉の木。

茅葺きの本殿は深い森に囲まれ、その神域にいると古の時代にタイムスリップしたような

時間が流れます。

そして、神と自然が融合する厳かな雰囲氣に心が洗われます。


鳥居
皇大神社

皇大神社にはもう一つ、ご神体として「日室ヶ嶽」という山があります。

日本のピラミッドとも呼ばれ、今もご禁足の山で大切に護られています。

ここでECHOする時には、空はすっかり晴れ渡りました。

(このお天氣運の良さは、ドミソの旅では奇跡のようにずっと続きます。)

 

日室が嶽でのECHOから、大地は新しい文明が始まるのが楽しみだ!という

印象のメッセージを受け取っています。


日室ヶ嶽

次のECHOは、天岩戸神社。

日室ヶ嶽の下を流れる宮川渓流。秘境のような場所の岩肌に張り付くように

お社があります。お参りするには、鎖につかまって岩をよじ登ります。

 

天岩戸神社

健脚の方でも足元が危ないような場所にありますが、安産祈願の神社なのには驚きです。

男女が結ばれるのも神事なのでしょう。結ばれて産まれてくる子どもは、光。

岩戸が開かれて生まれる希望の光ですね。



 少しでもよろけたら大きな岩々の中に転げ落ちそうな場所で、まゆみさんが舞ってくれました。そのフラフープの輪の中を、光が同じく輪のように射し込む写真は圧巻です。

ここでも、神様が光で歓迎してくれた!とメンバー全員が感動しました。



緑豊かな自然の美しさと、神々の懐の大きさを感じる第2章をお楽しみください。



 

 

 

 

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page